2015年8月22日土曜日

よさこい六の巻 あきうたこちゃん

球場前駅…その次の駅に待ってくれてたのは、
あき うたこちゃん」です。
安芸市は作曲家である
弘田龍太郎さんのふるさとであることから、
1977年以来 童謡碑が建てられていて、
安芸市内には今では10基の歌碑があります。
2005年10月に設置されたのが、
駅前ににある『♫ 靴が鳴る
「お手つないで 野道を行けば
 みんな可愛い 小鳥になって
 唄をうたえば 靴が鳴る
 晴れたみ空に 靴が鳴る」
はらたいらさんのマンガとともに・・・
『♫叱られて』は1988年5月にお目見え。
「叱られて しかられて
 あの子は町まで お使いに
 この子は坊やを ねんねしな
 夕べさみしい 村はずれ
 コンときつねが なきゃせぬか」
溝辺公園にあるのが『♫鯉のぼり』。
「甍の波と 雲の波
 重なる波の 中空を
 橘かおる朝風に
 高く泳ぐや 鯉のぼり」

「百瀬の滝を 登りなば
 忽ち竜に なりぬべき
 わが身に似よや 男子と
 空に躍るや 鯉のぼり」

小さい頃にウチにも、
鯉のぼりがありました。
でも広い庭があるわけでもないのに、
とっても立派な鯉のぼりは、
祖母が買い求めたものでした。

都会ではちょっと無理のある大きさ、
たなびいたところで物干し台が、
ミシミシと音を立てて。
鯉のぼりとともに空へと???
寸前で下ろしてそれからは、
家の中に飾るようになりました。
岩崎弥太郎生家前にはあったのは
♫春よ来い』
「春よ来い はやく来い
 あるきはじめた みいちゃんが
 赤い鼻緒の じょじょはいて
 おんもへ出たいと待っている」
 虎もみたいしなぁ〜〜〜。 
春の安芸もよさ気です(・ω・)v 
いいなぁ〜〜〜。