2015年8月29日土曜日

よさこい八の巻 大地の声を聴く室戸

四国最南端は足摺岬だけど、
その対極にある室戸岬へ(・ω・)v
高知駅から電車とバスを乗り継いで、
土佐くろしお鉄道ごめんなはり線の
最東端である奈半利駅から、
さらにバスを乗り継いで…
最果ての地にやっと来れた!!
途中 安芸にもよったけれども、
JR高知駅からJR土讃線、
奈半利駅まで約1時間30分。
そこから奈半利駅からバスで約60分。
早朝に高知駅から乗り込んだけども、
まさに思えば遠くに来たぜよ
室戸岬灯台
こんなに高台にあるとは・・・
かなりの距離を歩いたこともあり、
ただ見上げるのみ。
岬あたりはまさに
大地と大地がぶつかり合う場所。
室戸ジオパーク」は地学部でもあった
虎次郎にはまさにヨダレものです。
岬から南海トラフまでは140km。
海のプレートと陸のプレートのせめぎ合い。
波しぶきも相まって、
コアラのような奴が登場しています。
岬の先端のところには中岡慎太郎の像。
坂本龍馬は誰しもが知ってるけど…
龍馬はあまり勉強ができなかったそうです。
その一方で対照的に幼いころから
秀才のほまれが高かったのが中岡さん。
頭が切れるだけでなく、
何事にも熱心だったので、
交渉ごともうまかったそうです。
大地の営みに戻ります。
牛角岩(うしかどいわ)
牛が右を向いてるっとことだけど…

こちらは「子授(こさずけ)の岩
岩の上部に蜂の巣状の穴があって、
その穴に小石を投げると子宝が授かるとか。
珊瑚の白い石を投げて落ちて来なければ、
とこでなぜ珊瑚??サ・ン・ゴだから。
ライオンのタテガミのようなのは、
タービダイトと呼ばれるもので、
日本語で言うと「乱泥流堆積物」??
砂や泥が海水と混ざった流れによって
海底に降り積もってできたシマシマ地層。
水平に堆積した後で、
回転して立ち上がったことで、
縦向きの縞模様になっている部分もあります。
太い根を岩にはり、
成長する亜熱帯植物の「アコウ」。
まさに岩を押し出そうとしています。
根を岩にからまて、樹高を低くしているのは、
台風銀座にあって被害を最小限にとどめる
ここで生きていくための知恵とも思えます。
遊歩道周辺には花が咲いていました。
こちらは「ハマゴウ」??
かつては枕の中身として
利用されていたそうです。
剪定されているかのようにみえるのは、
塩分を含んだ強風のために、
成長が抑制されているからだそうです。
コンクリートのように見えますが、
これは「ヤッコカンザシ」という
波打ち際に棲むゴカイの仲間の化石です。
海面付近の潮間帯(ちょうかんたい)
呼ばれる場所に生息する生物。
海面から5m近くの高さにあるのも、
巨大地震によって隆起を繰り返した証。
室戸はまだまだあります(・ω・)v