2013年5月21日火曜日

だんだん松山⑭ の・ボールミュージアム ゆ。

「久方の アメリカ人の はじめにし
 ベースボールは 見れど飽かぬかも」


松山市野球歴史資料館
「の・ボールミュージアム」は
坊ちゃんスタジアムの正面にありました。

入り口にはバッターボックス...
「国人と とつ国人の 打ちきそふ
 ベースボールを みればゆゝしも」


「若人の すなる遊びは さはにあれど
 ベースボールに 如く者はあらじ」


「九つの 人九つの 場を占めて
 ベースボールの 始まらんとす」


「九つの 人九つの あらそひに
 ベースボールの 今日も暮れけり」

野球の名付け親とも言われる正岡子規の像、
幼名をといったので、
それをもじって「野球(のボール)
という雅号も使っていたことに由来す。

こちらは愛媛県出身のイラストレーターの
茂本ヒデキチ さんの躍動する墨絵たち。

明治22年(1889)から最近までの
全国高校野球選手権までの歴史を辿れる
アマチュアコーナーには野球王国である

愛媛の栄光がずらりと。。。

反対側にあるのがプロコーナー。
オールスターゲーム記念展をやってました。

「打ち揚ぐる ボールは高く 雲に入りて
 又落ち来る人の 手の中に」


とり~の明るい笑顔に球児とか。

2012年7月21日に四国初の球宴は、
まさに街あげての一大行事やったようですね。

「坊ちゃんスタジアム」は2000年に開場、
ヤクルトスワローズと松山のツナガリは深く、
2004年から秋季キャンプが行われていて、
年に1カード2試合ほどの公式戦が誘致されています。

そして、
ところ狭しとスター選手のお宝がずらり。
長嶋さんと思いきや「千葉茂」さんの3。

県立松山商から1938年(昭和13年)に
東京巨人軍に入団した愛媛の生んだ
最初のスター選手と言われています。

「なかなかに 打ちあげたるは 危かり
 草行く球の とゞまらなくに」

イチローのもありました(・ω・)v

「打ちはづす 球キャッチャーの 手に在りて
 ベースを人の 行きがてにする」

古田敦也さんが2000本安打を達成したのも、
このスタジアムで達成のユニやスパイクが
飾られていました!!

長嶋さんのユニは監督時代のものがありました。

「今やかの 三つのベースに 人満ちて
 そゞろに胸の 打ち騒ぐかな」


ずらっと紹介した句は、新聞「日本」に
発表された正岡子規のベーズボールの歌九首です。
野球のプレイボールから
フルベースになっていく進行が詠まれています。