2013年5月17日金曜日

だんだん松山⑥ 坊スタの道けわし(恐怖のバス編)


正岡子規は日本における「野球の祖」といえる人。
自らもプレーして、また野球を題材とした
俳句を数多く詠み残しています。

スタジアム前にある句碑は
草茂み ベースボールの 道白し」。
今なお使われている
「打者・走者・四球・直球・飛球」などの
野球用語は、子規が訳したものです。

松山という街はJR松山よりも
断然「いよてつ 松山市駅」のある市駅周辺に
繁華街がありまして...二日目のお昼は
「まつちかタウン」で食べたこともあって、
目の前に止まってるバスに飛び乗ってしまいました。

ところが路線では15分で着くはずなのに、

マジでスタジアムが遠い遠い。
12時ごろに乗り込んだのですが、
途中から大渋滞でぴたりとも動かない。
70分乗ったところで…
ほとんど人がバスを乗り捨てました。


唯一つながる石手川にかかる橋には
マイカーとバスが集中して、
川の土手を走る道からの合流もあって、
まさにフリーズしていました。

はるかに臨む「坊ちゃんスタジアム」…

初夏を思わせる青空の下、
ビールの旨さを引き立てる
球場入りとなりました。
こちらはコンサートも行われるという
愛媛県武道館」です。

プレイボール間近でも駐車場に入れない
クルマが溢れかえっていて、
いろんなところでただならぬ殺気…


スタジアム前にたどり着いたところで、
スタメン発表とか…

もう一度言います
坊ちゃんへはJRで!」。

スタジアムは本塁が北側に配置され、
野球規則に掲げる通りの配置ですから、
3塁側はまさに西日を真正面に受ける位置。

4回攻撃前に1塁側に避難しました。。。

ライト後方に連なるのは「石鎚山」???

この日はペンギンちゃんは
スコアボードの上で幟を振っていました!!
愛媛FCのみかん坊や??いや「オーレくん」や、
愛媛マンダリンパイレーツの「マッピー」も、
ビニ傘で東京音頭とか関西では
なかなか楽しめない風景を楽しみました!!
ゲームセットまでは
スタジアムに入れなかったんだけど( ;∀;)

でもでも大満喫の
地方遠征初観戦で連勝でした!!