2011年6月11日土曜日

TARO APC 《太陽の顔のマケット》

《太陽の顔のマケット》
















「太陽は人間生命の根元だ。
 惜しみなく光りと熱をふりそそぐ、
 この神聖な核。
 われわれは猛烈な祭りによって
 太陽と交歓し、
 その燃えるエネルギーにこたえる。」

















 《太陽の塔》大阪・万博公園


実は<太陽の塔>ってはじめは
「名無しの権兵衛」というか、
<タローの塔>と言っていたらしい。
















岡本敏子 さんの
著書『岡本太郎に乾杯』にこうある。

「最初、模型を作って
 スタディしていた頃は名前がなかった。
 ところが展示スタッフと建築家グループと、
 しょっちゅう打ち合わせの会議をしているのだが、
 名前がないと不便なのか、建築家側から
 「タローの塔」と呼んでいるというのだ。
 ただでさえ、「国の金を使い、国の広場に、
 あまりにも岡本太郎的なものを作る」といって
 非難されているのに、その上、
 名前までに「タローの塔」なんてことになったら、
 何を言われるかわからない。
 なるべく雑音は避けようということで、
 急遽《太陽の塔》という
   名前をつけることにしたのだ。」


独特なフォルムはどこか太郎さん似てるが。
方向を変えるといろんな表情をみせるが、
“太陽”は直接見ると眼がやられるし、
“太陽”に近づくと万物は溶けて無となる。
距離をもって照らしてくれるのから、
ほどよいスタンスで観るのがよい。。
















 《若い太陽の塔》 日本モンキーパーク


岡本太郎さんのアトリエにも
「太陽の顔」がたくさん。。。
マケットというのは、
彫刻の試作のための雛型のこと。。。
















そういえばウチの家にも
「太陽の顔」があったはずだ!!!

こんどゆっくり探してみるかな。