2010年9月11日土曜日

ひろしまの麺つたち!!

















広島のお好み焼きは
超極薄のクレープのようなパリッとした薄皮に、
キャベツともやし、具材が混ぜられずの重ね焼き。
そば玉やうどん玉が入るのことでボリュームが出る。
イカ天をいれるとさらにボリュームアップだ。

大食漢になるとオプションで麺をダブルにするのだが、
行きつけの「麗ちゃん」のスペシャルだと
イカ天プラスまでで十分に満足できる。














当然のことながら自分で作らず、
店のお兄さんやお姉さんたちが
手際よく作ってくれる。
だからあの“コテ”というアイテムは
鉄板から直接食べるキワモンだけに与えられる。

行きつけの「麗ちゃん」は最近、
地元客と思しき人だけに、
「お皿で食べますか?鉄板で?」
  って聞いてはる。

こないだ店内に貼ってあった
「いその麺使ってます。」のポスター。
こだわり生麺使ってますとのこと。


















広島のお好み焼きの「そば」は、
生地の役割を担っているからコダワルのは当然。

この「いその」さんの麺は、
先代から引き継いだ秘伝のかん水を使った
手作りなので広島の有名どころの
お好み焼き屋はほとんどが「いその」の麺
鉄板に強い コシは、食感が長続きするので、
茹でたての旨さが伝わるソースとの相性も良い。

ところで地元・広島では、
「そば」か「うどん」かで性格判断するとか?
まあビジターはほとんどが「そば」なんだろうが。
「うどん」を頼むと心優しいとか。。
ちなみに「そば」派は野心家らしい。
観光客はみんな野心家ということか・・・


もうひとつの広島の麺はツケ麺
現地では食べられなかったので
お土産を買って帰った。
「ばくだん屋」の「特製 廣島 温つけセット」
4食入り1,260円。















廣島つけ麺と呼ばれるようになったのは、
1985年ごろから専門店ができるようになって、
広島に行ったら「お好み焼き」と「ツケ麺」を
必死に探す人たちが最近さらに増えたように思う。

一昨日の夕食は「廣島ツケ麺」
麺を茹でて揉み洗いしてゴマ油をまぶして、
なぜか「温」を買っちゃったけど(汗)
とっても美味しかった(・ω・)v