2010年7月9日金曜日

甲子園B級グルメ探訪 その1



















なぜ甲子園でB級グルメなのか?
ほんとペルソナ化してから

イベント好きやな~と思う。

4つ登場しているうち今回は、
・静岡「富士宮やきそば」と
・鳥取「とうふちくわ」 の巻。

B級グルメのサイト
「B-1グランプリ」なんてサイトがあって、
過去の大会の記録はこんな感じ。。

第1回大会(2006年6月)
 1位:富士宮やきそば 
 2位:横手やきそば 
 3位:室蘭やきとり


第2回大会(2007年6月)
 1位:富士宮やきそば 
 2位:八戸せんべい汁 
 3位:静岡おでん

第3回大会(2008年11月)
 1位:厚木シロコロ・ホルモン 
 2位:八戸せんべい汁 
 3位:各務原キムチ鍋

第4回大会(2009年11月)
 1位:横手やきそば 
 2位:八戸せんべい汁 
 3位:津山ホルモンうどん

今年は9月18日・19日に
神奈川県厚木市にて開催される予定だ。


虎次郎は
「やきそば」
好きなので、

過去2回も
グランプリに輝いた

「富士宮やきそば」
    に挑戦。








小麦粉と水で練って蒸した麺は、
強制的に冷やして油で表面が
コーティングされていて、
これが独特のコシを生んでいるのとのこと。

実際に食べてみるといつもの
甲子園の焼きそばとは、

やっぱり違う食感。。。















ラードを搾ったあとに残ったものを
油で揚げた「肉かす」ってのと、
鰹節ではなく「イワシの削り粉」が入ってる。

レフトスタンドで8日に食べたのだが、
この
「富士宮やきそば」
内野エリアで作って配達しているようで、

オーダーしたら。
「3分待ってください」って・・
「えっインスタントなの」と返したら、

まじで「手作りです」・・

売り子さんは関西人の筈なのに
ボケが効かなかった。



おつまみとしてゲットしたのが
「とうふちくわ」??



「もめんとうふ」
をつくったのをつぶして
作ってあるのが
「とうふちくわ」

鳥取東部では
江戸時代から
食べられているとか。





とうふ7に対して魚のすり身3の割合。。
普通のちくわより柔らかかった。
甲子園で売られていたのは、
鳥取県の気高郡気高町にある
浦辺商店」さんのもの。























「魚臭くない竹輪って」感じでした。
パンチがないから虎次郎には不向き??
ビールにはやっぱり

焼き鳥がベストマッチかな?


「とうふちくわの穴」ってサイトもあった。
そこにあった「とうふちくわ君」。
これをパッケージに使えば、
もうすこし馴染みやすいかもね。











2003年2月1日生まれ。
豆腐と竹輪だけに
「やさしいけど芯がない」
特技は鼻からの「ちくわ出し」??と
大豆靴でのステップって。
不思議過ぎるキャラだ。