2010年7月2日金曜日

虎次郎の収集癖 ピンバッジ(日ハム編)

12球団で最も熱い
ピンバッチ
コレクターが
いるのは北海道だという。


ファンクラブに入会してると、
来場プレゼントとともに
「ガチャガチャ」でも手に入る。















びっくりしたのはピンバッチの交換が、
スタジアム内で行なわれていること。
いわば球団公認のトレード会場を、
サポートしてるってこと。

トレードや外国人選手の
途中退団なんかのものは、
幻の超プレミアモノになってしまうらしい。

レプリカユニホームは叩き売りされるのに、
なぜかピンバッジは即販売中止になる。

今年の場合は4月に横浜にトレードになった、
背番号27の江尻慎太郎 のは、
なんとオークション高値で
56,000円にもなったとか。
1個200円の
ピンバッジがなんと280倍だ。




レアの江尻バッジ
 ヤフオクより





「ビジター応援デー」モノなんかも、
遠征費用がかかるから
かなりの投資を要する。
「函館」とかで配られたのはかなりのレア。











札幌遠征初日は「交流戦」モノ(・ω・)v
それとチケットを購入ポイントとの
交換で「イニシャルバッジ」も。
「入会バッジ」は初年度なので「1」。











ところで「ピンバッジ」というのは
日本独自の呼び方のようで、
「ピンズ(PINS)」というのが
国際標準なんだそうである

ちなみに「キーホルダー」は、
完全な和製英語で「Key Ring」が英語。
こちらは梨田監督の
ヘルメット・キーホルダーもFC限定。












ドームでFC限定でやった
ガチャガチャでゲットしたのは、
選手名のピンバッジたち。
このなかにレアものがあるのかは不明だが。