2008年3月2日日曜日

雛人形

明日は雛祭りですね。。
















上段:「内裏」「御雛」
二段:「三人官女」
三段:「五人囃子」
四段:「隋臣(ずいしん)
五段:「三人仕丁(じちょう)
       の順に並べられますね。


四段目の「隋臣」は、
よく、、右大臣・左大臣とも呼ばれますが、
その姿は実際には「衛仕(えじ)です。
 内裏を守る武士の姿です。
若い方がおひな様から見て左に、
年配の武官が右に置くのが正しい飾り方。
右近と「橘」左近の「桜」となります。

「五人囃子」
は向かって左から、
 太鼓(たいこ)大鼓(おおかわ)
 小鼓(こかわ)(ふえ)(うたい)の順です。


五段目の「三人仕丁」は、  
江戸と京での違いがありますが、
 
左から怒り泣き笑いの順。

江戸では、台傘沓台立傘をもつ行幸の姿。

京は御所内の清掃係りを表現するので、
 熊手ちりとり が持ち物となるようです。
昔のお雛様には両方の持ち物が用意されていて、
 嫁入り先では行幸の江戸風に
 替えて飾っていたともいいます。



ところで「攻走守の三拍子が揃った選手」
   という
言い方がありますね。
この「三拍子」とは「五人囃子」のうち、
能などで使われるの笛、小鼓、大鼓のこと。

これらが揃っていることを
  「拍子があう」といいます。


←2007/03/03
ひな祭り!」へ