2018年3月28日水曜日

きりしまゆ⑧ 嘉例川駅


二日目は鹿児島へ移動…
その道すがら
肥薩線の「嘉例川駅」へ

元は鹿児島本線だったそうで、
現在の鹿児島本線全通により
線名は肥薩線と改められた。
かつては木材運搬で栄えた。
ただ無人駅ながら
特急「はやとの風」も
停車する人気の駅なのです。
営業開始日…
明治36年(1903)年1月15日。
桃井かおり さん と 竹下景子さん。
プラットホームに出ると、
遠くまで一直線に伸びる線路。
そびえる遠くの山間に
吸い込まれていく平行線。
切妻造、平入で、外壁は真壁と
下見板張になっています。
北側のプラットフォーム上屋。
西半に事務室
東半に待合室が配されています。
かつては…国分基地 ※、
今の鹿児島空港への索道が
のびていたそうである。

2015年11月ごろから
棲み着いているという
ニャン太郎」は不在。
2016年には「嘉例川観光大使
になっていたようですが…
無人駅だから名誉駅長とは
ならなかったようですが、
その大使も今は不在(T . T)
駅前の公園には
濃いピンクの桜が
咲き誇っていました。



※国分基地とは?
 出水海軍航空隊国分分遣隊、国分海軍航空隊を経て
 1945年に特別攻撃隊の基地となった。
 第一基地(現陸上自衛隊国分駐屯地付近)と
 第二基地(現鹿児島空港付近)から特攻隊として
 出撃して亡くなった人は計427人。
 基地機能をそぐため米軍はB29などで爆撃した。