2016年1月3日日曜日

神戸海岸通をゆく⑤ 神戸旧居留地へ


外国人居留地が
開設するのが決まったのは、
いまから150年ほど前のことで、
日米修好通商条約によるもの。
神戸開港が実現したのが
1868年1月1日のこと。

神戸海軍操練所跡

勝海舟がここに
海軍操練所を求めたのは、
江戸末期に
網屋吉兵衛(あみや きちべえ)が築いた
船たで場
(ふなたでば)」を
引き継げると思ったからそうです。
船たで場とは、
船底に付いた貝殻や船虫などを
焼くための施設のことで、
いうなれば「ドッグ」に相当するもの。

J.H.モーガン設計の
チャータードビル」。

コリント式オーダーの
新古典主義建築。

細部の装飾には、
全くの手抜きがないのです。



見上げると

川崎汽船 本社ビル」には、
扇型の装飾は抑えに抑えたことで、
ビルに輝きを降り注ぎつづけている。

神港ビルヂング」と名乗る今も。
神戸居留地であったことを、
気品に寡黙に伝えています。

回転扉を回すと…

重厚な床タイルが
出迎えてくれました。


チャータード銀行 神戸支店
→チャータードビル
建築年:1938年(昭和13)
設計 :J.H.モーガン
所在地:神戸市中央区海岸通9

川崎汽船 本社ビル
→神港ビルヂング
建築年:1939年(昭和14)
設計 :木下建築事務所
所在地:神戸市中央区海岸通8