2016年1月4日月曜日

神戸海岸通をゆく⑥ ブロックとハートの街づくり


旧居留地十五番館
居留地の建設に取り組んだのは
兵庫県初代知事の伊藤俊輔その人でした。

実作業である測量は
イギリス人の C.ブロック
区画づくりは同じイギリス人の
土木技師 J.W.ハートという
土木技師が担ったそうです。

およそ500m 四方の敷地、
南北8本、東西5本の
ストリートで区切る。

建設当初は人道と車道に分けられ、
人道は煉瓦舗装だったそうです。

コロニアル様式の建物は、
もともとは1881年ごろのもの。

阪神大震災で全壊したのですが、
1999年に復旧工事が完成し、
建築会社の持ち物になったあと、
2012年にレストランが開業。 

鎧戸など窓枠なども出来る限り、
当初のものに近づけてあるそうです。
KOBEの人気スポットのひとつ。

旧居留地38番館
ウィリアム・メレル・ヴォーリズ
の設計。

もとはナショナルシティバンク
神戸支店として
建てられたものだそうです。

大丸神戸店の一角を占めていて、
いまは有名ブランドの
旗艦店になっています。



コリント式オーダーは控えめ…

裏手は玉手箱のような
ラッピングが施されています。

そうそう…
伊藤俊輔とは
あの伊藤博文のことです。

アメリカ領事館
→神戸旧居留地15番館
建築年:1881年(明治14)
設計 :不詳
所在地:神戸市中央区浪花町15

ナショナルシティバンク 神戸支店

→神戸旧居留地38番館
建築年:1929年(昭和4)
設計 :ヴォーリズ建築事務所
所在地:神戸市中央区明石町38