2014年1月30日木曜日

「マンガのちから」② トキワ荘

「マンガのちから」の展覧会で
復元されていた「トキワ荘」。
 マンガ関係者で最初に入居していたのは
『漫画少年』を発行していた
学童社の編集者・加藤宏泰さんだったらしい。
加藤が、自分が住んでいるトキワ荘を
手塚に勧めたことがきっかけとなり...

「手塚先生を慕って
 まず寺田ヒロオ氏、
 つづいて藤子不二雄のお二人、
 そして石ノ森章太郎赤塚不二夫
 鈴木伸一 よこたとくお
 水野英子 つのだじろう
 次第にトキワ荘を中心とした
マンガ家たちのコミュニティが形成され…
 そして「マンガのちから」へと。

「ゲゲゲの鬼太郎」の 水木しげる さんの
オマージュにはこうあった...

手塚も石ノ森も徹夜続きで多忙を極めていた、
水木はこう言う
「どんなに忙しくても十時間は寝ています」と。
手塚 「そりゃぁうらやましいなぁ」
石ノ森「あやかりたいものです」…
「眠っている時間分だけ長生きをするんです
 幸せなんかも“睡眠力”から湧いてくる
 “睡眠力“こそが全ての源です!!」
寝る間を惜しんで世に作品を送り出した
二人の死を嘆いておられました。
 
手塚治虫さんは  1989年2月9日、
石ノ森章太郎さんは1998年1月28日、
生涯は同じく60年だった...
10年年下だった石ノ森さん、
10歳年下だった彼も
多くの作品を世に送り出した。
そして「秘密戦隊ゴレンジャー」から
マンガ日本の歴史」を手がけられました。

「鉄腕アトム」から
アドルフに告ぐ」のように、
二人は抜群の個性が
対極にあるように見えるが、
なにかを通じるものを感じます。

手塚治虫さんの出身は現在の大阪府豊中市、
「火の鳥」は阪神淡路大震災の復興シンボルに。
 そして石ノ森章太郎さんの
サイボーグ009」は、
石ノ森萬画館を中心に
東北のチカラを支えています。

やなせたかしさんのオマージュ。

さるとびエッチャン」に
マントをとられたアンパンマン。

原子力からサンパワーへ(・ω・)v

「鉄腕アトム」最終ページでアトムがいう...
「ぼく…今に、
 きっとロボットどうし仲よくして、
 けんかなんかしないような時代になると
 思いますよきっと……」