2012年5月24日木曜日

横浜・山手西洋館をあるく 山手68番館

山手西洋館マップにはあるが、
山手本通りをたどるルートから
少し離れているのが「山手68番館」。
あるブログにも
「横浜の山手に訪れても
 ついその存在を忘れてしまう」とあり、
あえて抑えれおかねばと思ったのだが...
代官坂というところにあるトンネルが
ある所からまさに山手をくだっていくと、
住宅地に迷い込んでしまった。
市立元街小学校とか
フェリス女子大学の校舎とかに
阻まれてなかなか辿り着けない。

もともとは開放ベランダが設けられた、
バンガロースタイルの外国人向け賃貸住宅で、
東洋バブコック(現在のバブコック日立)の社員
C.F.フランコ さんの住宅として使われました。
元々は奧まったところに建っていたのを、
1986年に山手公園内の
テニスコートのクラブハウスとして移築。
当時は暖炉用ラジエーター、電熱、ガス、
給湯設備などが整っていた住宅だったのですが、
内部にはその面影を残していません。

山手公園は1870年(明治3)に、
横浜居留外国人の手によってつくられた、
わが国最初の洋式公園だったようで。

また1874年に英国で始まった
ローンテニス伝わった場所でもあります。

バンガロー風な建物を見つけた瞬間ここが、
「山手68番館」と思ったのは、
「わが国でのテニス発祥120周年を記念して
この記念館を設立しました。」ともあり、
展示物のレトロさに勘違いをしてしまいました。
ちなみにこちら1998年に建てられたものです。


→山手公園管理事務所
建築年:1934年(昭和9)
構造:木造平屋
設計:不詳
所在地:横浜市中区山手町・山手公園内

※建物名をクリックすると
グーグルマップ「虎次郎の横浜洋館まっぷ」が見れます。