2012年5月20日日曜日

横浜・山手西洋館をあるく 横浜地方気象台


山手西洋館めぐりは みなとみらい線の
元町・中華街駅」を降りて...
地上へのエスカレーターを辿ると、
アメリカ山」の山頂にたどりつく。
その先の外国人墓地に向かう途中に、
古びた石積みの上に横浜地方気象台」がある。
事前に調べていたコースでは
「港の見える丘公園」のフランス山から
攻める予定だったのだが、
グラフィカルな開港当時の風景に
ついつい導かれてしまった。
横浜地方気象台は、
もともと「神奈川県測候所」として、
大さん橋近くで観測していたのだが、
関東大震災で倒壊したので、
旧米海軍病院跡地だったこの地に移ってきた。
1927(昭和2年)年に完成のアールデコ調の装飾、
アールデコ」とは1910年~1930年頃に
欧米で大流行したデザインで、
直線や幾何学模様の意匠を使った、
実用的でモダンな装飾様式のこと。
ただ土日は見学ができないので遠目で楽しむ。
2007年には、あの建築家 安藤忠雄さんの設計で、
本庁舎の改修耐震補強が行なわれ、
新たに第2庁舎を増築されてた。
さすがの安藤さんの仕事だけあって
絶妙の調和が図られている。
古びた石積みは、
直方体の房州石を長手短手に積む
ブラフ積み」は、同じ大きさの石を
小さな正方形と大きな長方形の面で
交互に組まれている擁壁でまさに崖の
多い山手のここかしこに残されている。
規模の大きいアールのついたフォルムが健在。

建築年:1927年(昭和2)
構造:鉄筋コンクリート造3階建て、地下1階
設計:神奈川県営繕管財課(担当:繁野繁造)
所在地:横浜市中区山手町99

※建物名をクリックすると
グーグルマップ「虎次郎の横浜洋館まっぷ」が見れます。