2010年5月4日火曜日

猛虎列伝2 “綿”の三遊間

「吉田義男 と 三宅秀史 は “ 綿 ”、
 広岡達朗 と 長嶋茂雄 は “ 絹 ”、
 豊田泰光 と 中西太  は “ 麻 ”」



当時の三遊間は
こんな感じでたとえられたという。

























1962年9月6日の大洋の試合前練習で、
起きた事故で左目を負傷した 三宅秀史 は、
862試合の連続フルイニング出場がストップ。
金本知憲 選手のストップは 横浜 だったし、
なんか運命的なものを感じさせる。























長嶋が横っ飛びで取る打球を
三宅は正面で苦もなく取る。
柔らかさと強さを兼ね備えた

プレイヤーたちだった。


遊撃手・吉田義男 さん、
二塁手・鎌田実 さんとの
二三遊間はまさに鉄壁そのもの。
「日本球界最高の守備陣」といわれ
「試合前のシートノックだけで金が取れる」
とも言われた。

最近のサードは粗さが目立つ
横っ飛びより正面にしっかりと入る
そんな余裕がほしい。