2010年5月17日月曜日

猛虎列伝4 サウスポーのストッパー山本和

ピンク・レディー『♪サウスポー』って ウタ。
虎次郎が小学生の頃に流行っていた。
澤宮優さんが書かれた
『プロ野球いぶし銀のベストナイン』には、
サウスポーのモデルは太平洋クラブライオンズ
永射 保 投手がモデルとされているとある。


そういえば今年の埼玉西武ライオンズの
「ライオンズ・クラシック 2010」は、
「太平洋クラブライオンズ」を取り上げるそうだ。














わずか4年間の歴史ではあった「太平洋クラブ」
復活するユニは73年から74年にかけたユニだが、
1976年のいわゆる前後に番号のついた
アメフト型ユニはピンクだったから。
正確には「ワインカラー」ってことになってるが・・

永射と背番号1との対決は
この1976年に実現している。

オールスターで3試合ともに登板し、

第2戦ではみごとに三振をとったらしい。




















歌に出てくる「魔球はハリケーン」は、
永射さんの大きく曲がるカーブのことか。
『♪サウスポー』
1978年3月にリリースの時期ともピッタリ。

「ピンク」「ハリケーン」「背番号1の男」と、
筋が通っているようにも思える。





でもこんな話がある1976年から
リリーフ投手となったタイガースの 山本和行 さん。
作詞の 阿久悠 さんは誰もが知るトラキチだから、
『山本和行 VS 王貞治』の方がしっくり来る。
ということは、「魔球はハリケーン」
「山本和のフォーク」ってことになるな〜。























↑ライオンズ・クラシック 2010へ