2009年8月25日火曜日

「コンビニ的なもの」が恋しい南極?

夏真っただ中 堺雅人さん主演の
『南極料理人』を見ました!!


















今年は南極条約署名
  50周年というお目出度い年。
実は南極でのロケはなかったそうだが、
映画の舞台であるドームふじ基地は
日本国内の
 約4,000mの高度の気圧に相当する。
富士山よりも高いところで生活するということ。
酸素はほぼ平地の6割で息切れの連続だ。


















梅田ロフトの「テアトル梅田」
南極なのに「北極アイス」を食べながら見た!


水は100℃に達しない85℃で沸騰!!
ラーメンやスパゲッティは
麺類は普通に茹でると芯が残ちゃうらしい。

コピーライターの糸井重里さんが言う。
「こういう映画を好きな人とだったら、
 旅先で相部屋になってもいいや。」
極寒の大自然での8人の男たちの生活。
男子校だった虎次郎には冬のスキー学校を
     思わせるシーンが登場する。


冷凍食品、 乾物。。。
そして蛍光灯のもとで発芽するかいわれ大根が、
唯一の生野菜だという。
「カップ焼きそば」なんかのジャンクフードは、
とっても貴重な存在になるそうだ。


映画にでてくる料理たち。
 伊勢エビのエビフライ
 いくらの入ったおにぎり
 レンコンの天ぷら
 大きな肉塊のローストビーフ
 本格フレンチ
 そして 手打ちのラーメン

「食べる」ということ
「集う」 ということ
 食卓にかかせない風景が躍る。


雪氷学者 本(もと)さん演じる
生瀬勝久さんはなぜかカープ帽。
通信担当の 盆 も赤ヘル。

主題歌がユニコーンの『サラウンド』
 作詞作曲 奥田民生さんだった。



ユニコーン・EBI ちゃんのコメント。。。
「南極という極限の世界に相反し物語は
 ほのぼのゆったり淡々と進んで行く。
 日常では何気なく通り過ぎてしまうような
            小さなしあわせ。
 人が日々豊かに生活してゆく事の術を
        この映画は教えてくれる。
 好きな役者さん大集合だったので
 それを含め最後まで楽しく見せて頂きました。
          ありがとう!」


南極料理人バナー1


←ランキングにポチットな(・ω・)v