2013年6月22日土曜日

地球を触る...


いつもお世話になってる
内田洋行さんから案内をもらってる
EDU EXPOにおジャマしてきました。
ランチタイムにやってた
ミニセミナー「触れる地球儀」。

1000万分の1といってもかなり巨大。
直径1.28mなので大人一人でも
抱えきれない大きさ。
ウェザーニュースさんと連携して、
地球の気流が再現されていました。
地球儀にすると地球の空気の層である対流圏は、
この大きさでもわずか1mm足らずとか。

こちらはリアルタイムの日影線...
昼と夜のはざまを感じることができます。

人工衛星によるGPS位置情報による
クジラの回遊ルートに、そのエサとなる
プランクトンの発生状況が重ねられる。
多様なコンテンツが複合的に映しだされて、
まさに地球の感触が伝わります。

こちらは3.11の津波の伝わり方
シミュレーション再現。
地球規模での影響は自然災害に限らず、
大気汚染や温度上昇といったもの。
地球はボーダーレスであることを
改めて認識させられました。

で…現在 日本にこれがあるのは20台。
関西だと高石市にある
大阪ガス ガス科学館」だけだとか。
完全予約制なので
なかなか気軽にとはいきませんね。

「愛・地球博」で
展示されたのが初めてだそうで、
昨年頃から中型普及版の試作が始まり、
ついに今夏、
直径80センチ版が発売されるとか。
価格は約400万円だけど…
もう少し安くなればゲットしようかな。


さきほど
EDU EXPOのFaceBookをみたら、
きっちり横顔が捉えられておりました(笑)