2014年5月4日日曜日

なごやリニア館レポ① 弾丸ツアーにて!

黄金週間おそらく唯一の遠出...
リニア・鉄道館」に行って来ました。
あのJR東海のCMでかなり興味があったんだけど、
名古屋駅からは
ちょっと辺鄙なとこにあるのです。
新聞でみつけたツアー。
新幹線クラブツーリズム号>あおなみ線>
近鉄アーバンライナー...と
3つの列車に乗車ってのも売りなのです。
新大阪の「発車案内」のも【団体】の文字。
号車によっていろんなツアーが乗り合わせていて、
名古屋駅で着いたら名古屋からの東京への
ツアーのみなさんが乗り込んできました。
安全確認もツアコンの皆さんが見守ります。
あおなみ線」はもともと「貨物西名古屋港線」
として国鉄時代に敷設された路線で、
自動車やバスなどに頼っていた名古屋西南部の
市街化をさらに進めるべく第三セクターとして整備。
2004年10月に開業した路線です。
その終点の「金城ふ頭駅」前に
2011年3月14日にオープン。
JR東海はそれまでは浜松市天竜にあった
佐久間レールパーク」だけだったので、
まさに念願の鉄道博物館なのだとか。
イチバンの目玉はなんといってもリニア。
超電導リニア展示室のこの浮き上がる模型は、
JR東海のCMでもおなじみです。
500キロ超え体験してきましたよ!
シュミレーターは抽選外れやったけど...
シンボルゾーンはかつてのエース「つばめ
関西急電色」のモハ52系。
ベージュ地に窓周りと車体裾には茶色。
当時としての先端的なデザインで、
流行の先端を行く列車なのです。
ずらりと編成車両がならんでいました。
見ると幸せになるという「ドクターイエロー」。
安全運行を保つ保線車両なので。
正式には
「922形新幹線 電気軌道総合試験車」。
なぜ見ると幸せってかというと、
いつ走るのかわからない、
時刻表には当然載ってない。
そして、新幹線にかかわる
全ての人たちを守っているということ。
お昼に出発して21時には帰ってくるという
弾丸ツアーでしたが、
クラブツーリズムさんの段取りの良さに
ただただ脱帽であります。
始終笑顔が絶えませんでしたし、
ちびっ子が多く参加していたけど、
参加している人たちも笑顔いっぱいでしたよ。

マニアックなリニア館レポは続きもんです。