2013年9月25日水曜日

鞆の浦めぐり⑥〜阿伏兎観音の絶景へ


ぷらぷら日記.13「阿伏兎観音」編
イチバン気になっていた場所。
鞆の浦めぐりもこれがラスト!!
ポニョのお母さん...
グランマンマーレを訪ねて」編です。

電車とバスで行く旅には
かなりディープなスポットであります。
というのも...
イチバン早い鞆の浦発のバスに乗っても、
帰りのバスまでの待ち時間が半端ない。

バスでも鞆の浦から20分あまりの距離
マイカーだったらきっと楽だっただろうけど。
瀬戸内マリンビュー」にも乗りたかったしね。

あぶと観光汽船」の看板が掲げられていた。
あぶと館さんの所有する専用クルーザーで、
10名以上だと60分の
瀬戸内クルージングが楽しめるのだという…

阿伏兎ノ瀬戸と呼ばれる狭い海峡ぞいに、
バス停から7分くらい歩いて沼隈半島の南端へ…

あまりに普通の家っぽいのだが、
「阿伏兎観音」そして
臨済宗磐台寺
(ばんだいじ)とある。
一抹の不安がよぎりつつ・・・

 
階段をあがると寺務所がありました…
声をかけるといいお返事が奥から〜〜〜。
拝観料の100円をここで払って進みます。

境内の中に入るとすぐにあるのが

桃山様式の禅宗方丈建築磐台寺客殿」。



そして...裏手から観音堂へと続く石段へ。

朱塗りだけどお寺さんです...

途中に鐘堂がありました。

結構な急勾配な階段を振り返ると、
こんな感じでした。

お堂は「土足厳禁」なのですが・・・
気のせいではなく床が斜めになっちょる。
しかも海側に傾いてるし( ;∀;)
靴を脱いでフラッとしたのでビビリました。

正気を取り戻して先をに進むと。

見下ろすと海原が広がっていました。
お堂正面に回って中を見るとさらにビックリ。

大おっぱい祭り????
安産祈願らしく全て手作りみたいでした。
左右に絵馬が飾ってあって、
正面にはお賽銭箱がありました。

背後に不安を感じながらもしっかり祈願???
でもナンの御利益なのか不安を抱きつつ。
 
三山次郎右衛門という漁師が、
十一面観音の石像を網で引き上げ、
阿伏兎岬に安置したのが
始まりやと伝わります。

そして海岸にある石の三重塔へ。
下から見る観音堂はまさに絶景です。
穏やかなさざ波に
急峻な岩肌との対比が絶妙。
荒々しい岬に立つお堂の姿は、
東洋の雰囲気も漂います。

瀬戸内の穏やかな自然との調和の絶景地...
十返舎一九もこの風景を見ていたそうです。

厳島参詣に向かったときの
厳島参詣膝栗毛』にはこうあります。
「観音堂より見おろせば、
 白波足元にわきかえりて、
 目も眩
(くるめ)き 足の骨もかゆきばかりに、
 石垣はさながら蜂の巣にもにて
 光明のさす阿伏兎観音」と…
 
安藤広重の「六十余州名所図絵」にも
その六十七「備後 阿武門観音堂」有り。

広重さんのは朱塗りではないけれど…
きっとここからのアングルなのやと思います。
で…ポニョのお母さんグランマンマーレの話。
映画では
巨大なグランマンマーレが通過したのを見て
「観音様が見えた」「観音様の御神渡だ」とか

宮崎駿さんはイメージを繰っていたとき
よくここを訪れた場所でもあるそうです。