2013年2月9日土曜日

タイガース鎮守の「大江神社」


タイガース鎮守の「大江神社」へ(・ω・)v
絵馬の「諸願成就」ってのも気に入った。

「大江」という地名は太古の昔、
この辺りまで大阪湾が迫っていたことの名残です。
天王寺七宮の一つで、四天王寺の鎮守として
聖徳太子が祀られたものと伝わっています。

神仏分離までは「乾の社」と称されて
四天王寺の所管となっていて
祭祀も四天王寺東光院神宮寺の別当が
あたっていたようです。

御祭神は五穀豊穣の
「豊受大神」が祀られています。

かつて「毘沙門天」が祀られていたところに
そう・・・「狛虎」が待つ。

かつては明治の神仏分離で「吽形」が滋賀に移され、
残っていた「阿形」も大阪大空襲に見舞われ、
耳がとれ歯も欠けるといったダメ虎ぶりでしたが…



2003年8月に地元有志が
狛虎を一対にしたら優勝するのでは」と
「吽形」の狛虎をつくったのだそうです。
その年に18年ぶりの優勝で
タイガースの守護神と崇められるように。

タイガース鎮守の森らしい風景がそこかしこに。
神社も大いに認めるトコロなのだそうです。

風化の進んでいた「阿形」も、
「吽形」と同時期につくられていたものと、
2011年10月に移設されて…
揃ってその勇姿が揃い立ちました。

もとの江戸時代の「阿形」は
蔵に大切に保管されているそうです。

狛虎一対のお守りも頂きましたよ!!
これで今年は優勝しかありませんね。

百歳
(ももとせ)の階段」

101段あるのは、
人生の区切り百歳よりあともう一歩、
心も身体も健康でありますように
との願いが込められています。