2011年12月24日土曜日

イルミナイト万博 生命を支えるエネルギーたち

メリクリ・・・・
 昨日はイルミナイト万博を
     もう一度見て来た。






















その前にファミリークリスマス、
ホテル阪急エキスポパークで
腹ごしらえ...


































ズワイ蟹と冬の味覚」を楽しんで、
ワインでカラダをホカホカにして〜。

ふたたび・・・・
















こないだ隣にいた少年が絶叫してたシーン。
地底の太陽」と仮面たちの場面の
  あとに出てくるのだが。


太陽の塔の地下の展示
過去−根源の世界」。
万博開催当時は正面入口から、
下りスロープになったベルトで地下へ。



すると
こんな空間が
広がっていたらしい。

当時3歳の虎次郎は
近づくことさえ
なかったという、










「草花もヒトも、
 いきものはすべて同じ言葉で書かれた
 めいめいの設計図」である<
DNA
   青いのがそれだ!!















キイロイのが<
タンパク質
「わずか20種類のアミノ酸のくみあわせで、
 かぎりなく多種類のタンパク質がつくられ、
 それがすべてのいきものの<からだ>」
    をつくっているという。




<ATP>
アデノシン三リン酸














ATPが分解して無機リン酸を放出し、
ADP(アデノシン二リン酸)に変わる時に
発生するエネルギーを使って筋肉を動かしてるモノ。















「すべてのいきものに共通する
      <いのち>の火」だ!!















カニさんのお蔭でポカポカ!!
    食べると暖かい!!
でも食べ放題って食べ過ぎる...
ちょっとエネルギー充填し過ぎた。

 「オナカが爆発だ!!」