2011年5月24日火曜日

TAROアートピースコレクション《若い夢》

《若い夢》

















太郎さんとは切っても切れない存在、
ネーミングは違いますが
このフォルムの下に
 岡本太郎さんは眠っておられます。
墓碑
午後の日がそれです。
















東京国立近代美術館主任研究員の
大谷省吾 さんの解説はこうある。

「両手で頬杖をつき、
 にこやかに微笑む子どものように見えるが、
 中央で分割された顔や空洞の眼は、
 単なる笑顔とは言い切れない不穏さを、
 かすかににじませる。

 ほぼ同じ携帯で数種類制作され、
 そのひとつは太郎自身の墓となり、

 多磨霊園で今も虚空を見つめている。」


「TARO100《無籍動物》」でも
  紹介しましたが・・・・

太郎さんは “眼を抜く” というのに
意味を持たせていると言われます。
解説にもあえて「空洞の眼」とあるのに、
今回のコレクションで
なぜ空洞になっていないのかフシギ!!















現代芸術アトリエで販売されている
若い夢の兄弟分の午後の日と比べると、
黒目になるとならないのでは
随分と印象が異なります。
なんでこうなったのかなぁ〜〜?