2011年3月10日木曜日

TARO100《若い泉》

兵庫県内には彫刻が5点あるという。
しかも4点が
「姫路市」と「たつの市」に集中してて、
残りひとつは
西宮市大谷記念美術館」の
《午後の日》・・・・













岡本太郎の墓碑になった作品で、
愛知県岡崎市の
世界こども美術博物館」、
神奈川県川崎市多摩区にある
「県立向の岡工業高校」にもある。

「広島市現代美術館」
      にある
《若い夢》ってのも
フォルムはよく似てる。

《若い夢》は、
佐賀県の
「株式会社
 かわでん九州工場」にも
鎮座してるらしいし・・・・


姫路市北部のニュータウンに
1974年に出現した《若い泉》ってのは、
泉って名の通りほおづえをついたこの顔から
もともとは水を吐
き出していたらしい。















アルミ製のモニュメントは、
姫路市夢前町の住宅街バーズタウン
自治会の持ち物だが、
いつしか
噴水のポンプが壊れて、
ちょっと猫背なフォルムが
寂しそうな感じなんやそうです。

地元の人たちが愛してきたお宝だが、
TARO 100でなんとか
記念イベントをやろうと奮闘中。

太郎さんが亡くなった後には
「買いたい」という申し出もあったが、
「地域のお宝」として守りぬいたそうだ。
湧き上がる日を楽しみに待ちたいと思う。

















若い泉》
 1974年
 兵庫県姫路市夢前町護持