2017年10月31日火曜日

村野藤吾のファサード⑭ 大阪ビル東京分館


日比谷ダイビル
ここにはかつて
大阪ビルディング東京分館
建物自体は昭和の末に姿を消した…

窓からなにか鬼やら獣やらが、
見下ろしている。



1927年竣工の旧大阪ビル
東京分館一号館を飾っていた
鬼面・獣面像たちである。

すっとぼけた豚もおる。
村野さんは
「もう六十年も前のことだから
 忘れちゃったが、
 でも豚ってかわいいでしょ」と。





こちら大阪ビルディング
東京支店 第二号館  
1931年6月に竣工され奥に一号館。

日比谷ダイビルの
エントランス両側ともに、
ブロンズ像がある。

こちらも旧ビルの正面
2階外壁にあった男女像。

大阪本社の玄関を飾っている
鷲と少女の像と同じく、
大国貞蔵の手によるもの。

こちら中之島にある
ダイビルの像。

見上げると…

摩訶不思議???

1987年辺りに解体された、
旧ビルのテラコッタたち。
新ビルの印象を与えたいはずが…
ここまで使っているとは、
予想を大きく裏切り、
至る所にそれは飾られていた。





かつては、
こんな目線に近い位置ではなく、
60年あまり見下ろしていた

その異型なるものたちが、
時代を超えて間近に。

水まで吐かされていたから、
びっくりである。

普段このビルを使う人は、
あまり気に留めていないようだが。

初めて見ると…



笑わずにはいられない。

旧一号館の通用口にあった
小アーチだというもの。

ここにも羊がおった。

富をもたらした家畜として、
多くのビルでおなじみ。
南都銀行本店にもいました。

旧二号館の装飾だという。
一階外壁にあった石のレリーフ。





ブドウの下にいるキツネ。



実はこのビルが建て替えられる時、
ある新聞社を通じて、
金沢の女性が、
豚さんの助命嘆願があったとか。
ハムにならずによかったなり。

「日比谷ダイビル」
竣工年:1989~1991年
設 計:日建設計(沼口行秀)
構 造:鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造)
    地上21階・地下3階