2016年9月12日月曜日

コンクリ寺を行くvol.1 大阪谷町・妙經寺


谷町筋沿いにあるお寺をぶらり、
このあたりは中寺・高津・谷町の
寺町エリアなので、
東西南北とお寺さんばかり。

南無妙法蓮華経」とあるので、
分かる人にはワカル日蓮宗のお寺。
日蓮宗 妙經寺

外観は市民会館の様にもみえる
コンクリート造りのお寺です。
天井裏を朱塗りにして、
前面の回廊も木造本堂で
使われる様式だが、
コンクリート造り。

藤村設計が1962年に手がけたもの、
開放的な建物が秀逸なデザインを
より際立たせていました。

進んで南に足を進めると、
こちらも日蓮宗の「宝珠山 本長寺」、

最上稲荷の大阪別院でもあるのです。
諸説ありますが日本三大稲荷のひとつ。

最上稲荷の本山は岡山市。
尾張徳川藩の六代目藩主
徳川継友の墓所でもあるとか…
吉宗のライバルと言われた人。

お寺の歴史は古いそうです。
往来安全の灯籠もコンクリ塀に
スッポリと。

お次は浄土宗の願生寺。

白い廻縁がよく造られています。

茶褐色のタイルビル。

ここも元はお寺。
浄土宗 重願寺」の遺跡碑文。
東大阪市山手町 枚岡にあって、
額田聖観音を祀る。 

大阪市交通局の
変電所になっています。

「コンクリ寺」シリーズにするかな?