2016年9月8日木曜日

神戸の異国教会めぐり⑦ ジェイン寺院

かなり久しぶりに。
北野の異人館街に忽然と現れる威容。

ジャイナ教という宗教の寺院。
正式名を
「バグワン・マハビールスワミ・
 ジェイン寺院」といいます。

ジャイナ教は、
紀元前6~前5世紀頃、
ゴータマ・ブッダとほぼ同じ時代に
マハービラによって創設された、
インドの宗教だそうです。
特に生きものを傷つけないこと、
不殺生のの誓戒を柱とする
厳格な禁欲主義とか。

あの「風見鶏の館」に
ほど近いのですが、
住宅に囲まれるているので、
ちょっと気づきにくい。

建物が奥まっているのと、
その白さから、近寄ると
個性的な外観に驚きます。
何もかも大理石であるようで、
インドで装飾加工された大理石が、
鉄筋コンクリート造の上に
貼り付けられています。 

設立は在神戸ジャイナ教徒
28家族の浄財によるもの。
日本人建築施工業者たちも、
設計前からインドへと派遣、
ジャイナ教建築様式を学んだらしい。
ジャイナ教とはインド人口の 
0.5%にも満たないそうですが、
インド社会においてのカースト制度は、
今もなお厳格ということもあり、
教徒の結束は固く、
婚姻もその多くがジャイナ教徒との
間で行われているのだそうです。
信者のほとんどが真珠商
インドのグジャラート州から
来た人たち。
白さは真珠に通じるのか?
北野坂近くにはいまなお真珠商が
軒を連ねている地域があります。
ちなみに…
日本にジャイナ教を紹介したのは、
粘菌の研究で有名な南方熊楠

「バグワン・マハビールスワミ・
 ジェイン寺院」

宗派 :ジャイナ教
建築年:1985年(昭和60)
所在地:神戸市中央区北野町3-7-4