2008年10月4日土曜日

豪傑の蜆子和尚の図


 




















奚 唯 蜆 蝦 呑 却 諸 佛


画賛の解説をすると。。。

「毎日殺生戒を犯す破戒僧の内面に、
 諸仏を呑みこんでしまうような力量を持つ」

      ということになるようです。



富岡美術館が所蔵する仙厓さんの
『蜆子和尚図』という作品。。。

蜆子和尚エビを獲って喜んでいる姿
 仏の道を往く僧が。。
 こんなんでエエの??と思うかも知れません。

ただ。。。
自分とは異なる生を呑み込むことで、

みずからの生は成立するのは当然のこと。

これらの摂理のもとに生きることこそが
 「ありがたい」ということになるのだと思います。
 

蜆子和尚は、中国唐時代の僧侶で、
 一年中着のみ着のままで昼は川で蝦をとっていたようです。
日々 「殺生を繰り返すタブーの僧」であったといます。

ところで、、話しは少し変わりますが、、、
中国や韓国では死者をオクルのに、
あの世で使うお金を備えるんだそうです。
いわゆる「紙銭」というもの。。
葬儀の際などにはどれだけこの
「紙銭」
  用意できるかが先祖供養となるようです。



この蜆子和尚は、夜毎お墓にある「紙銭」の中に
 もぐって寝ていたという逸話があるそうです。

 まさに豪傑な超俗の僧・・・・

















中国の紙「冥通銀行十億円」「天地通用紙幣」などとある




←ランキングにポチットな(・ω・)v