2008年6月22日日曜日

コンビ結成??「せんと まんと」

奈良の平城遷都1300年祭の
キャラクターって
「頭の鹿の角は仏様への侮 辱」?? とかで、

公式キャラ「せんとくん」に対抗?して、
市民有志が独自公募した「まんとくん」が登場し、

漫才コンビかのような

「せんと まんと」になったとか??





















せんと
「朱雀門ハットに鹿の角ですか。なかなか格好ええね」

まんと
「おおきに。やっぱり奈良ですよって」

せんと
「ほんまやね。奈良と鹿の関係は、なんせ8世紀の中ごろ、
 鹿島・香取の神さんが鹿に乗って来はってからのご縁。
 年季入ってます。
 仏教童子の僕が、頭に鹿の角はやしてるの、
 気持ち悪い言うけど、これ、神仏習合を表してるんですわ」

まんと
「なるほど、神仏習合ね」


せんと
「江戸時代の興福寺の年中行事やけど、
 子鹿が生まれる旧暦の5月に〈犬狩り〉
  というのがあったんやて。
     神鹿を守るための、野犬対策やね」

まんと
「へぇー、すごいな。やっぱり、
 奈良の鹿はタダの鹿やない。
 けど一般の人、そのへんのこと、
   ようわかってへんのと、ちゃいますか」

せんと
「たしかに。しかし僕ね、
 神仏習合は日本文化の根幹やと思うんですわ。
 奈良はそういう神仏習合を
 長い間はぐくんできたところやから、
       それをシンボライズしたわけです」

まんと
「いわれを聞いたら、納得です」

せんと
「わかってくれて、おおきに。
 しかし、それにしても、
 僕らの名前が〈せんとくん〉に〈まんとくん〉やて。
             うまいことつけたもんやね」

まんと
「ほんま、ほんま。なんや漫才コンビみたいな名前やね」

せんと
「僕らの誕生にはいろいろあったし、まだまわりの大人たちが、
 こっちがええあっちがアカン言うてるみたいやけど、
 好き嫌い言うたら限(きり)ないし、不毛や。
 もうこうなったら、二人で仲良うやるしかないの、ちゃう?」

まんと
「僕もそう思う。同感です」

せんと
「鶴は千年亀は万年て言うから、僕らで三河万歳…でなく
 大和万歳で、平城遷都1300年を言祝(ことほ)ぎましょ」

まんと
「ほんまに、せやね〔そうですね〕。
 子どもの僕らが好き嫌いを乗り越えて、仲良うしたらええねん」

せんと
「子どもに、好き嫌いはアカン言うくせに、
 大人の好き嫌いのキツイこと。僕をそないに毛嫌いせんと…」

まんと
「あ、せんとくんズルイわ。自分だけ売り込んで」

せんと
「ちゃう、ちゃう」

まんと
「冗談やがな。しかし考えたら、お互い2010年暮れまでの、
 ほんまにはかないいのち——。いがみあわず、仲良くやりましょ」






そうこうしているうちに、
奈良の僧侶有志が20日、
聖徳太子の少年時代を
モデルにしたキャラ

「なーむくん」
 なるものまで

 発表したそうです!!









虎次郎の妹の連れは奈良でホテルを経営していて、
mixi日記で、
「まんとくん 普通にかわいい。
 相方も決まったことだしこれからは
「せんとまんと」で 営業お願いしますです。」
 と言ってはりましたし、、、、

ゆるキャラなんだから
仲良くやってほしいもんです!!


せんとくんとまんとくんの掛け合いは

朝日新聞 asparaクラブ プレミアムコラム
 興福寺貫首よしあしの中
 2008.06.13
「〈せんとくん〉と〈まんとくん〉 」より













 奈良あれこれ ブログへ