2007年10月18日木曜日

名古屋フリャーだけん??

名古屋土産のご当地ストラップは、

「エビフライ」づくしだ。















エビフライは名古屋の名物と言われているが、
実はエ ビフライ発祥の地?
 実はそうではないらしい。

日本にエビフライが広まったのは、明治時代初期。
当時エビフライはご馳走だった。
昭和36年(1961年)に輸入自由化のお蔭で、
価格が下がって一躍人気食材となった。
いつぞやから、日本は世界一のエビ消費量国となった。

とにかく名古屋の人は「エビフライ」が大好き!!

ところで、エビってを茹でると赤くなりますが、

生きている時は、カロチノイド系色素でから来る色で、
緑とか紫、時には褐色などのさまざまな色合いなんだが、
加熱されるとタンパク質が熱変化を起こし、
本来の色である黄色から赤色の色になるのだとか。
茹でると赤くなるのは
 タンパク質の結晶がバラバラになることによる。


「クルマエビ」に加え、
インドネシアなど東南アジアから輸入されている
 「ブラックタイガー」、中国産の大正エビなどがある。
「ブラックタイガー」なんかは海を見ずに、
     ため池で一生を終えるものもある。。



伊勢は津で持つ。
津は伊勢で持つ。
尾張名古屋は城で持つ。

名古屋城の
シャチホコは
「えびふりゃー」
  のようでもある。。。




ちなみに名古屋人は「えびふりゃー」とは
 言わないそうである。