2015年2月26日木曜日

池田をあるく④ 逸翁美術館

小林一三の雅号「逸翁(いつおう)
が冠された「逸翁美術館」。
「神さま 仏さま〜祈りの美術〜」
と題した特別展を観ました。
コレクションはもともとは
「雅俗山荘」に置かれていたのだそうですが、
一都市一美術館」をとの小林の理念のもと、
「池田美術館」の建設が計画されていた
この地に2009年10月に開館した建物です。
「雅俗山荘」設立50週年を期に新築。
「展示室・茶室・ホール・カフェという要素の配置の間に、
 アプローチの前庭・エントランスロビーに
 自然光を導き入れる中庭・エレベーターホールに
 隣接する中庭を織り交ぜながら、
 回遊性と奥行きを持たせた平面計画とした。」
 竹中工務店 TAKENAKA DESIGN WORKS vol.12より
せっ器質タイルに咲き誇る花、
マグノリアの花なのだそうだ
隣接するコンサートホールの名は
マグノリアホール」。
阪急グループのシンボル?
小林一三さん愛顧のもの??…
マグノリアとはモクレンのこと、
ちょっとイワレは解らなかった。
こちらは「池田文庫」。
宝塚新温泉にあった図書室が源泉と言われ、
上方役者絵やタカラヅカ歌劇
ポスターコレクションなどで名高いそうです。
神さま仏さま」の展示を…
那羅延天図像」と言われるもの。
仏さまの名前や霊験=効用をまとめたもの、
仏さんのガイドブックとも言うべきもの。
熊野本地絵巻
室町時代の御伽
(おとぎ)草子。
虎や狼も山神の命令により、
この王子を守護し養育するというシーン。
キリスト教の祈りに関する絵画も
展示されていました。

展示品の写真は
けーぜの「阪急電車でゆるゆるとろとろ生活」
逸翁美術館2015早春展
「神さま仏さまー祈りの美術」より転載しました。