2014年7月21日月曜日

しまねっこ号(・ω・)v

島根にはいると縁結びの文字としまねっこ
大社の屋根をかぶってるってて、
ホントどこにでも出没してました。
しまねっこ号」なるものを
早起きして拝んてきました。

あの映画「RAILWAYS S」の舞台の、
出雲市〜出雲大社〜松江を結ぶ“一畑電車”。
講習を受けて「デハニ50形体験運転」を
企画したりして...
いわゆるクルマ社会をなんとか乗り切ろうと
ガンバっておられる地方鉄道さん。

JR出雲市駅からは、
ホーム乗り換えができない(;_;)

もともとは国鉄の山陰本線が1810年に
米子から当時の出雲今市まで延長したのを受け、
一畑薬師までを結ぼうとした
蒸気動力車による「軽便鉄道」なのだとか...
出雲今市から出雲大社までを結ぶ
国鉄が大社線を分岐する計画があったので、
目的地を一畑薬師に変更したのだとか...
出雲市にも「一畑百貨店」を出店するため、
国鉄出雲市駅に隣接したターミナルビルを建設。
1964年(昭和39)4月にビルが使われて、
この時から国鉄駅構内に
乗り入れなくなったのだと。

「しまねっこ号」は
ご縁電車しまねっこ号」がフルネーム。
車両のなかには縁結びのヒントが満載とか…

しまねっこの長所は
誰とでもすぐに仲良くれること」。
逆に短所は
最近食べすぎで少し動きが鈍いこと
他人とは思えないのであります(・ω・)v
でも停車中のは7:24出雲市発
松江温泉行きの特急は後ろのご縁車両は、
閉じたまま( ;∀;)
床の「ご縁あみだくじ」...
自分の前からたどっていくと、
向かいの誰かの座席の前にとか???
ご縁の8つのモチーフがいろんなとこに。
ハート柄満載の乗車席とか♡♡♡♡♡♡
ご縁四十五箇条
なんかも掲げられておりやした!!
鎮座するのは霊験あらたか
しまねっこ”さま。
扉の開いている車両を覗くと...
なんとなくハート型がみえたりしました。
こちらは6月に二駅だけ乗った車両...
こっちは“おひとりさま”席なんてことに。
次に控えるのはこの子でした。
恋に疲れている虎次郎??
そう見えちゃいますか?(号泣)