2014年7月12日土曜日

ゲゲゲ道~水木しげるロード弐


水木しげるさんのコトバを再び。
「若いときは怠けては駄目です!
 でも、中年を過ぎたら愉快に
 怠けるクセをつけるべきです。
「なんとか食えるようになってから、
 連載の本数を減らして、
 世界中の楽園や妖怪の棲み処(すみか)
 訪ねる世界妖怪紀行を始めました。
 いままでに78回も世界中を旅していて、
 これが私の最大の怠け術です。
 ときどき怠けることは
 生きていくうえで大切なことです。
 そして、仕事でも役立つのです。」
そう水木さんが言うのだし、
テキトーに行っとこ~~(・ω・)v
「古今東西の
 「あの世」のことを調べていて、
 気づいたことがあります。
 それは、地獄の様子は場所とか
 民族とかによって様々異なっていて、
 それぞれ迫力と現実感に
 満ちているのに対し、
 天国の方は世界中
 ほとんど同じだということです。
「実に単純なんだ――
 天国には美しい川が流れ、
 薄物をまとった美女がいて、
 美味しそうな食べ物が溢れている。」
「環境が悪くなったのに目をつぶれば、
 まさに長い不況で暗く沈んだ
 いまの日本こそ天国じゃないですか。
 それなのに現代人たちは、
 悲壮な顔をしてあくせく働いています。」
♫ 朝は 寝床で グーグーグー
  たのしいな たのしいな 
   おばけにゃ学校も しけんも なんにもない
ずっと寝ててもホントはどうだろう。
学校行くから友達ができる。
なんにもないのは
「ゲゲゲ」になってからでよいのである。