2012年3月27日火曜日

続・大大阪をあるく「日本基督教団 浪花教会」


お隣さんの「旧大阪教育生命保険ビル」とは、
まったく印象が異なるのだが、
日本基督教団 浪花教会」は
ヴォーリズ建築事務所の指導を受けた建物。

オペラドメーヌとなった角の洋館は、

あの東京駅赤レンガの辰野金吾設計だから、
全く趣きが違っていて「明治村」のような
立ち並びのようにも見えるが...
昭和初期のヴォーリズの教会建築は、
ゴシックスタイルのドッシリとした印象。

尖頭アーチや装飾的に配された色ガラス、
内部に入ると大きなアーチ窓から光が注ぐと、
都市の喧騒さと一線を画す空間が広がるという。
初代牧師の 澤山保羅(ぽうろ)は、
梅花学園の前身の「梅花女学校」の創立者。
設立は明治10年(1877)のこと、
11名の信徒らによって自主的に設立された
日本初の「自給教会」なんだそうだ。
今でも牧師がリーダーシップを発揮することよりも、
教会員・信徒が中心に教会を運営しているとのこと。
お寝坊の日曜散歩だから、
午前中の「聖日礼拝」に間に合わず...
プロテスタントの教会なので、
またの機会に礼拝に参加してみようかと思う。

日本基督教団 浪花教会
建築年:1930年(昭和5)
構造:鉄筋コンクリート造3階建 地下1階
設計:竹中工務店
設計指導:ヴォーリズ建築事務所

浪花教会のサイト