2012年3月5日月曜日

アベノの水玉ウォール「あべのnini」

虎次郎が毎日乗る阪堺電車の天王寺駅前の電停、
チン電を待ちつつ顔を上げると、
水玉模様の少女たちからあいさつをもらう。
Nice to meet you.”と“Have a nice day.”


あべの周辺再開発のシンボルなので、
ABENO AKEBONO」と添えられる。
再開発のビルの名は「あべのnini」は、
二つの “nice” の気持ちを重ねられていて、
口元が笑顔になる「nini(ニニ)」ってことらしい。

水玉模様はあの草間さんのアートで、
虎次郎は ほぼ毎日 水玉鑑賞なのである。
夜の方がキレイに映る。


タテ約10メートルにヨコ30メートルなので、
近づくとカメラには収めきれない。



で、離れると電停の架線やらでゴチャゴチャ。

草間さんの平面作品の中では世界最大で、
作品名は「あべのから未来へ」。
高層階にはコンドミニアムフロアで、
中層階にはナゴヤのリゾートトラストさんが
運営するホテル トラスティ」が
3月16日にオープンの予定だ。

反対側には「あべのキューズモール

これまで仮設店舗を転々としていた
「りそな銀行」はすでにお引越し済みで、
三菱東京UFJ銀行」もこの地点に戻ってくる。

急速に異次元化した「あべの天王寺」に、
阪堺だけの泥臭さを放っている。



路面電車もいつかは所払いされることは、
そう遠くないだろうが...
そんなパワーがあるのか心配だ。

そして「あべのハルカス」の
ノッポさんが高見から見下ろす。

で…新「阿倍野歩道橋」へ。

「鳥かご」のようで、
ホントに通っていいのか心配になる。



かつての歩道橋の残骸が残る。




天王寺駅の改札付近にある
「a」の歩道橋の看板。

コンコース内での草間さんとの
ご挨拶もあと少しでオサラバや。
 



阿倍野歩道橋架替工事のサイト