2016年12月6日火曜日

『君の名は。』の 。

 
映画の『君の名は。』…
キュンキュンしたとの
同い年の感想を胸に。
“青春映画”だから…
おひとりさま鑑賞
オススメですよ。


ヒットの理由はネットで
いろいろアゲられてるけど。
東宝が配給したから
 大ヒットした」と、
ビッグビジネスの仕掛けが
あったかのような意見もデテマス。

都会 と 田舎
過去 と 未来
男の子女の子
現実 と 空想
  と 

・・・・・・・・
この映画にはいろんな対立軸
交差し…そして離れ、結びつく。
「過去の悲劇に繋がるものが
 織り込まれていて、
 きちんと心に刻みなさい」、
そんなメッセージも
盛り込まれています。

かつてラジオドラマの
君の名は』があった。
脚本家・菊田一夫の代表作。
1952年にラジオドラマで放送、

松竹で映画化…
東京大空襲の夜。
たまたま一緒になった
見知らぬ男女、
助け合って戦火の中、
命からがら
銀座の数寄屋橋まで…

『君の名は。』には
句点の  、

「区切り」とか「集大成」
を示すのかとも囁かれる。

邦画の実写の恋愛物には、
すでに出演者のキャラが立ち、
作品のストーリーや設定の
前に漫然と立ちはだかる
“こんな子”という決めつけ
ジャマしちゃう。

これからもアニメ作品に
太刀打ちするのは、
相当にムズそう…
って思えちゃいます。

この俳優さんが好きだから、
観に行こうってなる…
そうすると興行に
限界があるのは必定で、
実写が大ヒットできない、
越えられない壁は、
『君の名は。』以上の
ピュアな純愛をスクリーンに
落とし込めない、
ってこと…??

いつの日か
『君の名は。』を超える
恋愛映画の登場を期待します。 

虎次郎です…
ただのおっちゃんです。
こんなツッコミされそうな
ブログになっちゃいました(TOT)