2016年8月8日月曜日

京都の夏旅〜並河靖之邸


京の夏の旅2016
平安神宮近くの

並河家住宅」さんへ。

今話題の超絶技巧の七宝作品が、
並河靖之七宝記念館」ズラリと。

並河靖之さんは、

明治大正期に活躍の
帝室技芸員の七宝家です。
こないだやってた

のお一方。

七宝焼は撮影NGですので、
こちらはパンフから〜

芙蓉撫子蝶文水注


こちらはパンフ表紙より


邸宅は国の登録有形文化財。
七代目・小川治兵衛
作庭のお庭が見所です。

「一文字手水鉢」
鞍馬石で造られているのですが、
地面には直接置かれていません。





玄関の間



こちらが応接室

室内の意匠のあちこちに、
青蓮院修学院離宮などの
写しがみられます。





縁先は総ガラス戸入り
新時代の要素がみられます。



池の水は七宝の研磨用の
余水が用いられていて、
今に至ります。

琵琶湖疏水を導水した池は、
この民家が初めてだそうです。







通り庭から天井の高い台所へ







駒寄せ
もとは馬を繋ぐためのもの、
二階の虫籠窓とともに
京町家らしいたたずまいです。

鬼瓦には
」の文字がみえました。

「旧並河靖之邸主屋」
ほか
竣工年:1894(明治28)
構造 :木造2階建
所在地:京都市東山区三条通北裏白川筋東入