2011年1月21日金曜日

KOBEの洋館を歩く1 兵庫県公館
















北野の異人館街をぶらつく前に
元町駅周辺の洋館を観てきました。
4代目の兵庫県本庁舎であった
「兵庫県公館」からまずはぶらりと。

実は特別公開の機会に
巡り会えました・・・ラッキーやん。


当初は煉瓦造2階建て、
太平洋戦争中の空襲で
外壁だけを残して焼失したのを、
鉄筋コンクリートで補強し
1985年に復元しています。

















玄関と門番所が
ほぼ当時のままなのだそうです。


















内部と天井を消失しており、
中庭のあった部分は、
現在ホールとして全て室内に
変更されています。


















屋上庭園は1階の中庭部分に
大会議室を作った
1985年の改造時に作られたもの。
屋根のドーマーウィンドウを
近くで見ることができます。

















北側に回るとまた違った印象を受けます。































まだまだ大阪の洋館の写真も
残っているのですが、
神戸の洋館もポツポツと登場させます。
ちょっと元気になってきたので、
すこしずつ紹介します。ヨロシクです!



「旧兵庫県庁舎」
建築年:1902年(明治35年)、
    改修 1985年(昭和60年)
構造:鉄筋コンクリート造3階建、地下2階、
   スレート葺及び銅板葺
設計:山口半六
施工:同和組

【国・登録有形文化財】