2018年2月11日日曜日

ストモアニメ『ぼくの名前はズッキーニ』

ストモアニメ…こう略すか?
どうかは分からないけれど、
ストップモーション・アニメ”は、
人形などの被写体を少しずつ動かし
撮影し繋ぎ合わせる“コマ撮り”。

孤児院をとりまく
子どもたちのストーリー
ぼくの名前はズッキーニ』。
原題はフランス語、
MAVIE de COURGETTE
ズッキーニはフランス語だと
クルジェット」らしいのです。
絵の得意なクルジェット…
雨のある日。ママに
大変なことが起きてしまう。
保護してくれた警官レイモンは、
孤児院に預けます。
イカールという本名より、
ママがつけた「クルジェット」
という名が大好きな少年。

クルジェットという言葉が、
可愛く響くとの
映画評にあったのですが…
アニメ=吹替
イツモの観方で楽しんできました。

繊細に扱われがちな題材を
ストモアニメにする発想は、
日本人のクリエイターにはない
のではないかと…レイモン役の
リリー・フランキーさん。

ストップモーション・アニメは、
新世代」に入っているそうです。
キャラクターのパペットは
本物のクレイ(粘土)ではなく、
頭は3Dプリント製。

顔はかなり硬いそうです、
目の玉はくるくると
回るように工夫されていて、
眉毛、まぶた、口などは、
磁石で貼り付けられるように
なっているそうです。
独特の視線のゆらめき
心情の変化を表現できた、
ということなのです。

もうひとつの
新世代」がデジタル技術
撮影が飛躍的に効率化。
撮影しながらチェックでき、
フレームずつ動きをトレース。
自然な演技」の監督ができて、
10チーム同時撮影という
実現に繋がったそうです。
ズッキーニの吹替えは、
「朝ドラ ひよっこ」で
みね子の叔父を演じた
峯田和伸さん。
「世界は取り返しがつかなくって、
 おっかなくって、
 連れていかれそうになるけど、
 ズッキーニといっしょに
 手をつないで。
 観てくれる皆さんといっしょに。
 みたことない色といっしょに。」

長らく危機感が叫ばれ
ストモアニメは絶滅危惧種
そんな指定はもう
外されているのだと思います。

エンドロールには、
ピクサーアニメにあるような
メイキングシーンはありません。
作り手事情を観客に見せないのは、
フランス人気質かもしれませんが、
ただ…エンドロールの時間、
映画の余韻に浸ってみませふ…