2012年7月2日月曜日

ハマの洋館めぐり 川崎銀行横浜支店

とにかく洋館をみたいからということで、
「馬車道」ってとこにホテルを取った。
でも...一番近いトコがゆっくり見れてない。
ナイターならばゆっくり見れたのに...
ホテル目前の馬車道の洋館を〜


もともとはネオルネッサンス形式の
3階建の石造の銀行建築であったが、
歴史的建築物の保存・再生の先駆けとして
ファサード保存となり今にいたる。

もともとは八大財閥の一つであった
「川崎財閥」の中核銀行であった
川崎銀行の横浜支店。
横浜生まれの 矢部又吉 の設計によるもので、
神奈川県立歴史博物館(旧横浜正金銀行)の
妻木頼黄 のお弟子さんなのだそうだ。

凝った装飾は見られないが、
それぞれの階の窓のデザインは異なり、
じっくりと見ると石の積み上げ方にも
変化が持たされている。

旧横浜正金銀行が「紳士」ならば、
こちらは「貴婦人」の佇まいを見せる。

取り壊される運命にあったようだが、
多くの人々の努力と施主の英断を経て、
勇姿が馬車道の地に伝わる。

川崎銀行横浜支店
→日本火災横浜ビル→日本興亜馬車道ビル
建築年:[旧建物]1922年(大正11)
設計:[旧建物]矢部又吉
ファサード保存
【横浜市認定歴史的建造物】

※建物名をクリックすると
グーグルマップ「虎次郎の横浜洋館まっぷ」が見れます。