投稿

太閤秀吉を辿る vol.2 神号「豊国大明神」

イメージ
京都の 豊国神社 の扁額、 「豊国大明神」 とあります。 後陽成天皇 の御宸筆の 勅額が掲げられたのは、 1607年(慶長12)8月のこと。 「豊国大明神」という神号、 実は別の神号望んでいたのは? そんなエピソードが残っています。 伊達政宗 の従弟 伊達成実 が記した 『伊達日記』 に… 「秀吉公、   新八幡と祝い申すべき由 、  御遺言に候へども、  勅許なきによって   豊国丿明神 と祝い申し候」。 1598年10月3日の イエズス会宣教師 フランシスコ・パシオの書簡にも、 「最後に太閤様は、自らの名を  後世に伝えることを望み、  まるでゼウスのように  崇めることを希望して、  遺体を焼却することなく、  入念にしつらえた柩に収め、  それを城内の遊園地に  安置するようにと命じました。  こうして太閤様は、  以後神の列に加えられ、   シンハチマン、すなわち、  新八幡と称されることを  望みました。 」 八幡神 は単なる軍神では ありませんでした… 神功皇后 と応神天皇の母子神、 あるいは 応神天皇 と考えられ、 天照大御神に次ぐ " 第二の皇祖神 ”ともされます。 大阪城天守閣に遺る 豊臣秀頼筆の 「豊国大明神」 神号。 この世を去った秀吉に この神号が宣下されたのは、 1599年4月のこと。 秀吉の望んだ" 新八幡 "とは、 ならなかったのは、 " 朝鮮出兵 "が理由かと。 《伝 淀殿画像》  奈良県立美術館蔵 秀吉と側室 淀殿との 第一子 鶴丸が急逝 、 愛児を喪った悲しみを 紛らわせるための" 暴挙 "、 耄碌(もうろく)した秀吉の 仕出かした" 愚行 "とも。 ただ朝鮮出兵は元々は信長が 意識していたことだったようで、 安土城を築城しているころには、 酒宴で「 将来は明国に侵攻する 」と 口にしたともいわれています。 日本国内でさえ平定されておらず、 「話半分」の話だったの を、 秀吉はなし得ようとした、 「大陸制服プラン」 の足がかりが 朝鮮出兵だったのだです。 《豊臣秀吉像》醍醐寺  天正20年5月に秀吉が 関白 秀次に宛てた朱印状 、 そこには大陸制覇後の、 計画が記されていました。 ・ 後陽成天皇 を北京に移し、  中国の皇帝とする。  北京

太閤秀吉を辿る vol.1 大阪城豊国神社のこと

イメージ
豊臣秀吉 は伏見城にて62歳で その生涯を閉じた・・・ 1598年(慶長3年)のことです。 しかし、大坂夏の陣で 豊臣家が滅亡すると、 幕府によって豊国神社は破却 、 秀吉の廟墓も荒れるがままに 放置されてしまったのです。 もともと大坂城には 豊国神社 は、 存在していなかったのです。 江戸時代を通して秀吉公は、 公の舞台に現れませんでした。 再び表舞台に登場したのは、 明治元年の明治天皇による 豊国神社再興の詔勅です。 江戸幕府によって破却された 豊国神社を再興し、 秀吉の権威を復活させることは、 東照宮を始めとした 江戸の権威を貶める意図 が あったようです。 当初明治政府は秀吉の墓所を 正確に認知しておらず、 大阪に豊国神社を建設せよと 命じていたようです。 いわゆる京都と大阪の間で "太閤廟"の誘致合戦 が あったと伝わっています。 明治13年になって、 現在の 中央公会堂 の地点、 中之島字山崎の鼻に 別格官幣社豊國神社の 別社として、 豊國神社が大阪に 創立されたのです。 こちらの鳥居には明治13年、 中之島の地から 遷宮されたものなんでしょう。 江戸時代の秀吉は「庶民の英雄」 「立身出世の英雄 」で、 どちらかと言うと 判官贔屓 。 明治政府の顕彰方針は、 浸透していなかったようです。 秀吉顕彰の流れが変ったのは 日清戦争が分岐点 だったと… 学習院教授だった 森金五郎 は、 「…日本が負けはせぬか、  太閤秀吉のやうな事に  なっては大変だ。」 と 朝鮮出兵へは否定的でした。 日清戦後になると… 「…秀吉の外征は偉いと云ひ、  同じ秀吉を見るに附いて  世人の考がズッと違って来た。」 と後に回想しているのに、 よく現れています。 秀吉顕彰は 「韓国併合 」で、 最高潮を迎えることに… 韓国統監 寺内正毅 の 歌が伝わっています。 「小早川 加藤小西が  世にあらば 今宵の月を  いかに見るらむ」。 寺内の部下の返歌、 「太閤を地下より  起こし見せばやな   高麗やま高くのぼる日の丸」 。 豊臣秀吉は正一位、 贈位されたのは 1919年(大正4)のこと。 皇室尊重、海外進出を 評価しての贈位であったのです。 その後秀吉像に変化が現れる… 徳富蘇峰 が語るに、 「山崎合戦の門出に  姫路城にあった秀吉と、  朝鮮の役の為めに  名護

桜の似合う今津六角堂

イメージ
甲子園から西にほどなく往くと、 桜色の洋館 があります。 正面に六角形に見える バルコニーが配されいて、 今津六角堂 と親しまれています。 正面中央に突き出した張り出しは、 正確には 八角形の半裁の平面形 。 1階は吹き放ちの 玄関ポーチ 、 丸面の花崗岩段石により、 張出しと同じ形で地面より 3段高く造られています。 張出しを支えているのは、 6本の 繰形の飾り丸柱 。 2階まで延びていて… 軒先と中間部に主屋とに 同じ蛇腹を廻しています。 柱間のすべてに井桁に組んだ 格子の中に X形格子 が入る腰壁、 ガラス引違窓を備えていて、 和洋折衷 の意匠となっています。 棟の頂部には 木製の尖頭 … シンボル性が高められいますが、 方位飾り は保護を兼ねていて、 改修時に加えられたものとか。 " 今津 "という土地は、 江戸期から学問の村だったそうで、 1755年(宝暦5)に 飯田桂山 が、 海辺に「 大観楼 」という学舎を建て、 学者を招き教育を行っていました。 学制公布の翌年1873年には、 今津村、津門村 が連合し 常源寺 に今津小学校を創立。 1882年に教室の狭小により、 洋風建築の小学校校舎を建設。 建設費約8,000円のうち 5,200円が地元有志の寄付、 その時に建てられたのが、 この" 今津六角堂 "なのです。 校地内を3度移築改修… 新たな役割を担いつつ、 再生され続けてきたのは、 今津の人の心意気を伝える 証なのかも知れません。 幅広の窓枠をもつ 縦長の両開き窓… 側面ともに1、2階とも 同じ位置、同じ形状で 開けられているので、 スッキリとした印象を受けます。 阪神淡路大震災 では幸いにも 大きな損傷は受けなかったとか… 授業日午前中に限り事前申込みで、 見学が可能とか…。 歴史資料室・地域交流の場として 活用されているそうです。 ふたたび訪れてみたいと思います。 「今津六角堂」  西宮市今津二葉町4-10  木造、階数2、寄棟造桟瓦葺

蟇股彫刻を往く⑥ 北野天満宮~十二社連棟

イメージ
北野天満宮 には 菅原道真 のと同じく 異郷で不遇の死を遂げられた方々 、 その御霊をお慰みするため、 連ねて祀られた社があります。 祀られている数は 十二柱 。 「崇道天皇社」 早良親王 のことで、 京都御霊神社 の御祭神。 藤原種継 暗殺事件に連座した として廃され憤死した親王。 早良親王 崩御11年経ってから、 後の平城天皇である 皇太子 安殿親王 に御悩があり、 世人は早良親王のたたりであると… 崇道天皇と追贈されたという。 「 吉備大臣社 」 『 吉備大臣入唐絵巻 』をみると、 22歳で遣唐使として入唐、 聖武天皇の御世735年に帰朝。 吉備真備が御霊になぜ 連ねられているのか? 玄昉とともに重用された真備、 藤原広嗣 は飢饉や地震など、 世が乱れたとして、 疎まれていたとも… 蟇股には梅と松に鶯か。 「橘逸勢社」 橘逸勢 も遣唐使にもなった人。 承和の変の首謀者の一人として 捕らえられ、 伊豆に流される 途中 遠江でなくなったとされる。 「寛算社」 道真を慕う僧侶 寛算入寺を祀る。 道真の後を追い自らも雷となり、 岩となって落下したとの伝説あり。 歯痛平癒の神 としても知られる。 「大門社」 災難除け・難問解決の神とされる 大門内供奉が祀られています。 内供奉というのは、「昔、 宮中に奉仕した高徳の僧」のこと。 十二社連棟にはそれぞれ 蟇股彫刻がみられますが、 ここの意匠は「 万年青 」、 「寛算社」と意匠違いのようです。 「太宰少貳社」 親族への誹謗を理由に太宰少貳 として太宰府に左遷された、 藤原広嗣 を祀る。 「老松社」 には見返りの 虎 。 なぜ松でないのか… どうも扁額の蟇股には松。 「淳仁天皇社」 世に淡路の廃帝といわれ、 白峯神社 の祭神でもあります。 こちらのは伏した 虎 の蟇股。 「 文太夫社 」の前には 桃 。 「 藤太夫社 」には 獅子 。